「手に職」の仕事での給料上限

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

【広告】エイズは日本でも拡大しています。他人事ではありません。感染していないという自信がありますか?

ディレクター、デザイナー、SE、プログラマーになった人には、なんとなくだが「営業は嫌だ、営業は無理だ、数字なんかおいかけたくない、ノルマは嫌い」という意識があると思う。
ものすごくレベルの高いデザイナーになればいい、効率のいいプログラミングができるプログラマーになれればいい、そうすれば会社は自分のことを必要としてくれるはずだと思っているだろう。
間違ってはいない。
だが、ある程度の給料を支払えば、そのような職業の人の変わりはいくらでもいるのだ。

だから、会社は技術力があるからという理由で給料を上げたりはしない。
社内でできない案件は社外にふればいいのだ。
社内に優秀なデザイナーがいないのなら、一時的に優秀なデザイナーに外注すればいい。
プログラマーが足りないのなら、一時的に優秀なプログラマーがいる会社にお願いすればいいのだ。
自分が思っているほど、技術系の仕事の人は会社に必要とされていない。
悲しいがこれが現実だ。

ここから脱却するためには、仕事を上手に振れる人間になることだ。
優秀なデザイナーやプログラマーに、しっかりとやって欲しい仕事を伝えられる人になればいい。
多くの仕事を一人で抱えるのではなく、効率よく、適材適所に割り振る人、そしてそれを管理できる人はそんなに多くない。

それでも、管理をするだけなので、給料の上限はすぐに見えてしまう。
ではどうするか?
答えは非常にシンプルだ。
仕事をとってくる以外に道はない。
売り上げがアップしなければ、会社にお金がいっぱい入ってこなければ、給料なんかあげられるわけない。

じゃ、どこから仕事をもってくるのか?
営業なんかしたことない人間がテレアポやっても飛び込み営業やっても、成果に結びつくのには時間がかかる。
一番の近道は「人脈」だ。

今までの案件で知り合った人に仕事がないか、提案が必要ではないか、困ってる案件はないのか、片っ端から聞きまくる。
それが一番の近道だ。

そこでしっかりと仕事を完遂できれば、他の人を紹介してもらえたりする。
アナログな感じだが、紹介が一番早い。
今、今後の未来に不安を感じているなら、可能な限り、今の職場で人脈を増やしておくことが大事だ。

【広告】エイズは日本でも拡大しています。他人事ではありません。感染していないという自信がありますか?