引越し料金の相場

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

【広告】エイズは日本でも拡大しています。他人事ではありません。感染していないという自信がありますか?

引越し料金の相場を検索すると、3人家族の場合、平均で10万円とか具体的な数字が出ていますが、これは全く当てにならない金額です。
引越し料金は家族構成では決まりません。
引越し料金は時期、荷物の量、最後に交渉力で決定します。

引越し業者の数は大企業、中小企業、個人事業主や便利屋を含めると全国に100程度あるそうです。
そんな中から一番安くて安心な引っ越し業者を賢く選択する方法は、残念ながらありません。
1件1件電話をするのも無理があるし、実際に100社に見積もりに来てもらって、その都度、対応する現実的ではありません。
ある程度の業者との比較見積もりで決着をつけなければ、いつまでたっても引っ越し業者を見つけることはできません。

そこで、どのような方法で業者を選択し、賢く値引き交渉できるのかをご紹介しましょう。
まず、基本的なことですが、繁忙期は避けてください。
1年で1番の繁忙期は3月下旬~4月上旬です。
特に土日は激戦となり、値引き交渉の余地は皆無と言っても過言ではありません。

業者側も包み隠さず「通常料金の2~3倍はいただきます!」と断言してきます。
4月から新生活をスタートさせる人が多いのです。
なので、引越し業者は数あれど、荷物を運ぶ人間とトラックの確保ができなくなるのです。

特に土日は人気なので、繁忙期の土日にターゲットを絞っている場合、3月中旬から業者を発見することは難しいと思います。
どうしても繁忙期に引越したい人は、土日に対応してくれる業者を発見できただけでもラッキーだと思って、値段交渉はあきらめるしかありません。
繁忙期、3月の最終の週から1つ前の週、4月の最初の週から次の週に引越しはしてはいけませんと覚えておきましょう。
あとは大型連休(ゴールデンウィーク)前後の4月下旬~5月上旬も忙しいようです。
学校の大きなお休みシーズン、春休み、夏休み、冬休みが比較的忙しいようです。

では、閑散期(引越し業者が暇な時期)はいつなのかということですが、ずばり6月、10月、11月だそうです。
この時期は人もトラックも余っている状態なので、選ぶ側としては相当強く交渉することができます。

時期の次に引越し料金に大きく響いてくるのが荷物の量です。
荷物の量も見に来ないで、だいたい10万円ですね、5万円ですねという業者は絶対にダメです。
例えば、冷蔵庫と言っても単身用の100リットル程度のものから家族用の500リットル程度のものまで幅があります。
本棚と言っても高さ2メートルぐらいのものから、1メートル程度、机だってテーブルだって、そのサイズは見てみないとわかりません。

電話だけの見積もりなどで決めてしまうと、引越し当日「荷物が入りきらないので追加料金ください」または「お客様の方で処分してください」ということになり、トラブルに発展するケースが多いようです。

なので、必ず引越し業者の人に家の中を見てもらいましょう。
恥ずかしがることはありません。
引越し業者は家に何があっても、どんな状態でもビックリしません。
いろんな家庭の押入れやクローゼットを開けて見積もりをしてきた人たちです。
ちらからっている家など当たり前だと思っています。

どこの業者を呼べばいいのか迷ったら、とりあえず大手を呼びましょう。
大手を呼ぶのは基準となる金額を決めるためです。
大手の見積もり担当者が来たら「相見積である、他の業者にも来てもらうことになっている」としっかり言いましょう。
他の業者が見積もりに来ないとわかると、高めの金額で探りを入れてくる営業マンが多いので、最初からギリギリの金額を出してもらいましょう。
ギリギリの金額を出してもらうためには「平日、何時でもかまわない、荷造り(小さな物の段ボール詰め)は全てこちらでやります」という条件が最高です。
過去、閑散期にこの条件で見積もりを出してもらいましたが、2トンロング車1台、移動距離50km程度で36,500円(税込)でした。
どこの業者かは言えませんが、大手で安心して任せられるところです。
多分、中小や個人とかで荷物の保証がないようなところであれば、もっと安くできるかもしれません。

それでは、次のステップです。
大手がどんなに安い金額だったとしても、必ず一度お帰りいただいてください。
ただし、大手でも「相当頑張って値引きしてくれているみたいだし、お願いしてもいいかもな」と思ったら、その場でお願いしてしまいましょう。
頑張っているかどうかは、上司に電話をして値引き確認をしているかどうかでわかります。
1回ぐらいは当たり前、2回ぐらい電話をしてくれる営業担当者であれば、信用してもいいかと思います。

また、値引きでたまたま大きく値引きをしてもらえるケースがあります。
違うお客様の荷物を午前中に運んだ後、帰りにたまたまトラックがあいているから安くしてくれるというケースです。
この場合、来ている営業に帰られてしまうと、後から電話しても「帰りのトラック埋まってしまったので、あの金額は出せません」と言われてしまうことがあります。

でも、金額に納得できないのであれば、次の業者を呼びましょう。
次の業者でも「帰りのトラックがあいている」パターンがあるかもしれません。
次に来た業者には、先に他社の見積もり金額を言ってしまいましょう。
「A社さんは5万円って言ってるんだけど、それ以上ならやらない」ときっぱり言ってください。
お互いに無駄な交渉力を使わず、時間も短縮できていいのです。
大手2社、地元1社、合計3社ぐらいを比較すれば、ベストな金額が自然と出てきます。

3社比較して、いよいよ1社に決めたとします。
決める基準は「安さ」か「保証」のどちらかだと思いますが、どちらで決めてもいいと思います。
決めた後、最後、もうひと頑張りできないかと聞いてみましょう。
営業さんを褒めちぎってあげましょう。
Aさん、とっても丁寧に説明してくれたし、ぜひ、Aさんにお願いしたいんだけど、もうちょっとなんとかならない?みたいな感じで言ってみてください。
相当苦しい状況かもしれませんが、閑散期なので、仕事は無いよりもあった方がいいに決まっています。
ダメ元ですが、言うのはタダなので絶対に言ってくださ。
かなりの確率で5千円以内で何かしらの値引きが発生します。

では、賢い引越しのポイントをおさらいしてみましょう!
1、閑散期(6月、10月、11月)に引越しを計画する。
2、複数社から見積もりを取る。
3、相見積の結果をもとに、お願いする業者に最後の値引き要請を行う。
この3点をしっかりと抑えることができれば、相当お安い金額で引っ越しができると思います。

【広告】エイズは日本でも拡大しています。他人事ではありません。感染していないという自信がありますか?