人生初の大腸検査(内視鏡)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

【広告】エイズは日本でも拡大しています。他人事ではありません。感染していないという自信がありますか?

恐怖の大腸検査に初参加してきました。
腹の中、肛門から大腸の奥、小腸の入り口あたりまでカメラを挿入します。

が、そのまえに前日は、繊維質なものは食べない、19時以降はモノを食べない、水は飲んでもよいというルールを守らないといけません。
当日の午前中は腸を洗浄するということで、ひたすら液体の下剤を飲んでいました。
500mlの下剤を飲んでは10分ぐらい歩き、また10分ぐらい経過したら下剤を飲んで歩き、これを繰り返しました。
2時間ぐらいの間にトイレに8回ぐらい行きました。
8回もトイレに行けば、もう何も出ません。
でるのは液体だけです。
お尻の拭き過ぎで、かなり肛門付近が痛くなります。

便に何も混じらなくなったところで、検査の予定時間を告げられて、そのまま待機します。
前日の19時から何も食べていないので、さすがに13時頃になるとお腹がすきますが、初体験だったので、気持ちが高ぶって、食べないと死んでしまうという感じにはなりませんでした。

開始直前にお尻が開くズボンをはき、上半身は検査着みたいなものを着用します。
膝をかかえるような姿勢で丸くなり、お尻を先生の方に向けます。
なんか、恥ずかしがる人がいるそうですが、そんなにというか、まったく恥ずかしくありませんでした。
ですが、こんなにきたないケツを見せて申し訳ないという気持ちはありました。

じゃ、始めますということで、まずは肩に腸の動きを鈍くする注射をされました。
ちょっと痛いです。
5分ぐらいしたら先生が肛門にゼリーを塗ってくれました。
中も塗りますねと言われ、一気に指を肛門の中に突っ込まれて「ハウゥ」って感じでした。
ちょっと言葉が漏れてたような気がします。
その後、カメラが入ってくるのですが、便意がものすごいです。
やっぱり中のものを排泄する器官なので、かなりの違和感があります。
直腸から大腸に入って行くとき、大腸の角度が変わるとき、お腹の中がかなりボコボコして気持ち悪かったです。
小腸と大腸の接続部分まで到達してしまえば、あとは楽でした。
カメラの抜き差しでかなり肛門をぐりぐりやられましたが、痛みはありませんでした。
先生が見ているモニターを見る余裕もありました。
結果、異常発見できず、痔でもないってことが証明されました。
検便の血液陽性反応はなんだったのか、今でも気になりますが、これからも毎日ヨーグルトを欠かさずに生活していきたいと思います。

【広告】エイズは日本でも拡大しています。他人事ではありません。感染していないという自信がありますか?