義援金キャンペーンに嫌悪感

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

【広告】エイズは日本でも拡大しています。他人事ではありません。感染していないという自信がありますか?

今、日本は復興に向けて、一丸となって動いています。
経済をいつも通りの形でまわし続けて、もうける会社はしっかりと儲けて、国に税金をしっかりと納めてほしいと思います。
ですが、最近、寄付ではなくて「義援金キャンペーン」なるものをよく見かけます。

実際に家のポストに入っていたチラシに対して、どうしても納得できなかったので、このキャンペーンをやっている会社に対して真意を問いたいです。
こんな義援金キャンペーンをするような会社は信用できない

まず、キャッチですが、「がんばれ東日本!!復興(2,500円でふっこうで語呂合わせ)ご声援(5,000円でごせいえんで語呂合わせ)キャンペーン実施中!!」とあります。
被災した方の立場から見れば、自分たちの苦しい環境を金儲けに使われていると感じで見てしまうと思います。
被災してしまった人は、被災したくてなっているわけではないので、そもそも、この義援金というものをキャンペーンとして、自社の売り上げアップに使うということに人間味を感じません。

次に、2,500円のコースの場合500円を寄付します、5,000円のコースの場合1,000円を寄付しますとあります。
ぱっと見は寄付活動頑張っているなと感じます。
ですが、よく考えてみると、そもそも義援金は個人で寄付することができます。
別にご飯を食べるのを1回自分が我慢すれば、2,500円、5,000円の全額を寄付できるわけです。
おいしいご飯も食べて寄付できるなんて素晴らしい!と書いてありますが、いったい何を考えているのでしょうか。

【広告】エイズは日本でも拡大しています。他人事ではありません。感染していないという自信がありますか?