日本教育書道芸術院の説明会

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

【広告】エイズは日本でも拡大しています。他人事ではありません。感染していないという自信がありますか?

ついに書家、書道家としての第一歩を踏み出すべく、御徒町にある日本教育書道芸術院に行ってきました。
日比谷線で仲御徒町駅で降りて徒歩4分、JRでも銀座線でも大江戸線でも徒歩5分以内にあります。

ここで週1回通うと2年間で「師範」の称号をゲットできます。
週2回通えば1年間で終了です。
自動車免許をとるようなものですね。
ですが、入会したのは僕ではありません。
妻が入会しました。

昨日は学校見学会だったのですが、そのまま入会手続きしました。
というのも、伯母が一緒だったので、もう入る以外に選択肢はないような状況でして・・・。
でも、いつか始めるなら、今始めた方が良いに決まっているので、潔く入会しました。
平日と土曜日に授業があるのですが、師範養成コースだと週1回は必須です。
土曜日の午後を選択したのですが、他の曜日に振り替えることもできるそうです。
むしろ、逆に振替受講を使っていろんな先生に出会っておいた方がよいということでした。
授業風景も見学できたのですが、伯母の教室に通っていたのでそんなにびっくりしませんでした。
ですが、でかい半紙に小さい文字を書いている人、この前スタートしたばかりの人、そして30代ぐらいの男の人までいて、いろんな人がいるなぁと刺激を受けました。
書道教室を開きたい人は結構いるんですね。

一番びっくりしたのはやはり伯母の存在感でしたね。
いろんな先生が「あらぁ、お久しぶり!」と言って伯母に寄ってくるので、「やっぱこの人、ただものじゃないな・・・」と。
でも、伯母と同等のオーラを醸し出している先生もいましたね。
眼力がやばいです・・・。

一括払いではないですが、かなりお金もかかります。
多分、入会金、道具一式、書作展出品等で、2年間で100~150万円ぐらいかかりそうですね。
ですが、卒業した後のビジネスモデルを考えているので、妻が会社を辞めても、今もらっている給料よりも2倍ぐらい稼げるようにしてあげたいと思います。
当然、書道教室だけでは無理です。
妻の努力が報われるように、僕は僕で2年間、市場調査と開拓、新しいビジネスを開始するための努力をコツコツとやっていきたいと思います。

【広告】エイズは日本でも拡大しています。他人事ではありません。感染していないという自信がありますか?