ゆとり世代と言うけれど・・・

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

【広告】エイズは日本でも拡大しています。他人事ではありません。感染していないという自信がありますか?

今年の新卒が「ゆとり世代」の第一号らしいです。
ガイアの夜明けではこの「ゆとり世代」に関して取り上げていましたが、別に新人ってこんなものじゃない?って気がしました。
出来る人はできるし、出来ない人はできない。
人事の責任だと思いますね。


人事がきちんと業務内容を説明し、本当にやっていく気があるのか、上辺だけで物事を話していないかを見ぬければ、別にどの世代だって関係ないと思います。
ゆとり教育以前でも、遊んでいるやつは遊んでいたし、勉強するやつは勉強していたし、それなりのやつはそれなりだったし・・・。
僕は予備校時代に「絶対にサークルなんかに入ってアホみたいに遊ぶな!」と教わりました。
もともと大学には行きたくなかったので、行ったところでサークルがしょぼかったので入りませんでしたが、これが正解でした。
大学4年間、じっくりと自分の将来について考える時間がもてましたし。
3年生の時には卒業に必要な単位を全て取得して、バイトで稼いだ金で4年生の時に3DCGの専門学校に行きました。
でも、そこでやはりアナログ感覚で育ってきた美大のやつらとは戦えないことを目の当たりにし、プログラマーの方に目を向けることができました。
プログラマーなら美的センスは必要ありません。
プログラム言語との格闘です。
参考書もあるし、なんとかなるだろうと思っていましたが、だんだん苦痛になってきました。
このまま人に言われるがまま、プログラム開発をやり続けることを一生の仕事にできるのであろうか・・・。
で、システム開発の会社を辞めて、再度、WEBディレクターを養成する専門学校に入って、今の業界に就職しました。
3度目の正直というか、今の仕事は苦痛ではないですね。
つらいこともあるけれど、やはり自分がやりたかった仕事はこれだ!と感じることができます。
モノ作りもできて、お客様と接することもできて、親父の会社の力にもなれている。

【広告】エイズは日本でも拡大しています。他人事ではありません。感染していないという自信がありますか?